素人が趣味で始めた自然農お米作り

今年から0.7反返却して、3.3反(耕起1.7反と不耕起1.6反)の田んぼで米作りをしています!今年で9年目、不耕起を試行しながら全面天日干しをしています。2年間は収穫なしでしたが徐々にコツを掴み収穫できてきました。無農薬、無除草剤、無肥料、天日干しの自然栽培・自然農法で、①疎植栽培(株間30cm)②深水管理(中干しなし)③生き物繁殖を基本として愛情を込めて育てています。

■ 田んぼの準備と田植え

ポット苗を使って補植しました。来週までに根付きますように♪

土曜日は、水入れだけではなく... ポットに植えた苗を使って、補植しておきました。 プールで育てていたポット苗は3個あって... 田んぼの横に沈めていました。 拡大すると、こんな感じです。 田植え機で植える事ができなかった所を補植しておきました…

田植えが終わりました。苗が小さかったので、来年は…

日曜日に田植えを行いました! プール苗で育てていた苗は... 10cmぐらいの苗でした! 来年は、もっと早い時期に種まきして、15~20cmぐらいには育てておきたいです。 プールから外に出して... プールを片付けて... 代かきした田んぼに持…

不耕起予定だった田んぼは、ガスが発生するかな?

急遽、耕起して貰った田んぼですが... 枯れた蓮華や緑色のスズメノテッポウが生えている中で... 耕して貰ったので、この草が土の中に鋤き込まれています。 という事は、まとめ記事で書いている通り... 土中のガス(硫化水素、メタンガスなど)が発…

不耕起代かきの結果は...頼りになる方の男意気に感謝♪

昨年の稲刈りの時期から、1.6反の田んぼを不耕起にしようと計画していたので... 今週日曜日の田植えの前に、手作業で代かきを試してみました。昨年は、掻くだけでツルっと抜けたので... 今回は、アメリカンレーキと... amazon:アメリカンレーキ…

田んぼの中の草の種類は、不耕起に適した草が生えています♪

耕起予定の田んぼと... 不耕起予定の田んぼはこんな感じです。 ここで、気付いた事は、田んぼの中の草と、畦の草の種類が違っている事です。 田んぼの中は、スズメノテッポウや蓮華が中心の背が低い草で6月までに枯れてくれる草が生えていています↓が.…

塩水選と畦の草刈りをしました

日曜日は、塩水選と畦の草刈りをしました。塩水選を14時半~16時半、畦の草刈りを16時半~18時半まで行いました。急ぎで行ったので、両方とも作業が荒いです(〃⌒∇⌒)ゞ。 塩水選は、まとめ記事に書いている厳しい選定方法↓で行いました。 種籾は、野…

1.7反の田んぼを耕起しました。不耕起はそのまま…

本日、お願いしている農家の方に1.7反の田んぼをトラクターで耕起してもらいました。 その結果、こんな感じになりました。 拡大すると、こんな感じです。 それに対して、不耕起1.6反の田んぼはこんな感じです。 大分、蓮華も枯れてきています。少し前…

田んぼに蓮華とスズメノテッポウが沢山生えています

昨日、紹介した田んぼの写真を見てもお分かりの通り... 蓮華が一面に咲いています。 蓮華はいつもながら、可憐で綺麗ですね♪ 蓮華の生えていないところは、スズメノテッポウが生えています。 拡大するとこんな感じです。 このスズメノテッポウは、私が田…

冬期湛水を行わない今年の不耕起のやり方、方法

不耕起の範囲を広げるために、昨年の稲刈りの時から準備をしてきました。 稲刈りまで終わったので、今年の田植えは予定通り次の方法で行おうと思っています。 今回の不耕起の試行ポイントは次の通りで考えています。 1.不耕起を広げるためには、田植え機に…

今年は、ひとつ目の田んぼ0.7反を返却して、3.3反の田んぼで育てます

昨年は、3つの田んぼ(不耕起0.7反、耕起3.3反)計4反で育てていましたが... 今年は、1.6反の田んぼで不耕起を試そうと考えています。 そうすると、去年0.7反の手植えでも、すごく疲れたのに... 2.3反の手植えは不可能に近いです( ̄…

ふたつ目3つ目の耕起田んぼの溝切り等の水溜り対策を行いました(田植え後15週目、出穂5週目)

昨日は、ひとつ目の田んぼの水溜り対策を行いましたので、今日はふたつ目3つ目の田んぼの水溜り対策を行いました。 溝切り機でできない所なので、クワで溝を作って... ホーで溝の深さを作って... 溝の途中に深さのある溜まり池を作ります。田んぼに傾…

【田植え編】来年不耕起を広げるための方法、やり方

※最新のやり方は、ご挨拶とこだわりの育て方にまとめています。 前回の記事で稲刈りの方法を考えました↓ 今回は、田植えの方法を考えてみます!不耕起する田んぼは、最初の「考え方編」で書いた通り3つ目の田んぼ(1.6反)で行います。ふたつ目の田んぼ…

【稲刈り編】来年不耕起を広げるための方法、やり方

前回の記事で書いた通り、念願のバインダーを購入しました! 記事にも書いた通り、水を溜めたまま稲刈りする事ができますが、最初からハードルを上げず、田んぼを乾かせて稲刈りをしようと考えています。 そうすると、私の品種の稲刈りまでのスケジュールは…

【農機具編】来年不耕起を広げるための方法、やり方

前の記事で書いた通り、不耕起にするためには稲刈りの時から、土をデコボコにしない事が必要です。 その為には、2条刈りの小型でも800kg以上もあるコンバインで稲刈りするのではなく、他の方法を考える必要があります。 では、どの方法があるかと考え…

【考え方編】来年は不耕起田んぼを広げようと思います!

今までの記事でも、ちらっと書いている通り、ひとつ目の田んぼで不耕起を実践することで、草が抑えられ、理想の育て方に近づけたので、来年は不耕起田んぼを広げようかと考えています。ちなみに、ひとつ目の田んぼを不耕起したやり方は、下の記事の通りです↓…

ふたつ目3つ目の耕起田んぼで補植しました(田植え後3週目)

機械植えしたふたつ目の田んぼで、補植作業を行いました。 ↑上の写真の手前部分のように、空き部分が目立つ所を補植しました。今年の苗は小さかった事もあり、特にこの田んぼで一番深い部分は、苗が消えています↓ いつもは、少々の空きがあっても補植しない…

機械植えと深水管理を行いました!!

日曜日は、手植えと平行して機械植えも行いました。 まずは、苗をプールの中から外に出して、作業し易いように乾かします。 苗を取り出したプールは、こんな感じです。 機械植えを頼んでいる農家の方に、育てた苗を託します。私は手植えがあったので、農家の…

ひとつ目の田んぼの手植えのやり方(2/2)です。良い感じです♪

※最新のやり方は、ご挨拶とこだわりの育て方にまとめています。 前の記事の続きで、作業の詳しいやり方です まずは、苗箱から土を切って... 苗箱に入れます。 ポット苗の場合はこんな感じです。 次に、田植え紐の間を... 水草とれ太くんを使って、奥か…

日曜日は忙しかった~(^^;。書きたいことはあるけど、作業内容だけ…

日曜日は忙しかったです!朝7時に出発して、夜23時に帰ってきました( ̄Д ̄;;。手植え作業(2/2)や他にも書きたい事はいっぱいあるけど、今日は疲れたので、作業内容だけ書きますね♪ 07時 家を出発 07時半 妻の実家到着。プール苗を水から出して…

ひとつ目の田んぼの手植えのやり方(1/2)です。意外と楽かも♪

※最新のやり方は、ご挨拶とこだわりの育て方にまとめています。 前の記事の続きです。前の記事の時には田植えの後で疲れていたので、あの文量で限界でした(〃⌒∇⌒)ゞ。 前の記事で書いた通り、草を掻く+手植え作業を行いました。 まず、田植え紐を準備します…

ひとつ目の田んぼの手植え前に草を掻くことにしました

今日は、ひとつ目の田んぼの手植えを行いました! 先週植えた沈んでいた苗も、無事水面から葉が出るぐらい成長していました(o^∇^o)ノ。 しかし、水を抜くと、隠れていた草が大量にあります。 先週植えた苗は、草を取らずに植えたため、草に埋もれています(〃⌒…

ふたつ目3つ目の田んぼの最後の耕起しました。土曜日の田植えまでに代掻きもします♪

来週の機械による田植えに向けて、ふたつ目3つ目の田んぼは最後の耕起をしました。耕起については、田んぼを貸して頂いた方に心づけをお渡しして、トラクターで行ってもらっています。 ふたつ目の田んぼはこんな感じです。 3つ目の田んぼはこんな感じです…

手植えする方法を考えてみました。来週は田植え紐と支柱を使おうっと♪

※最新のやり方は、ご挨拶とこだわりの育て方にまとめています。 日曜日は、ひとつ目の田んぼで試し植えをしてみました。 まずは、野生の苗をバケツに避難させて... 溢れんばかりに溜めている水を一旦抜くために... 水の入口を堰き止めて... 水の出…

除草機で田植えの準備をしました。見た目は良さそうですが...

昨日は、野生の苗をとった後に、ひとつ目の田んぼの草を抜きました。この田んぼは、不耕起で田植えする予定なので、これまで一切耕さず、草も抜いていませんでした(o^∇^o)ノ。 しかし、田植えするためには草を抜いておく必要があるので、除草機を使って抜いて…

天日干しの籾落ちで、野生の苗が育っていました!植苗に使います♪

先週、仕切り板をして水を溜めたひとつ目の田んぼはこんな感じです。 田植えの時期なので、冬よりも十分な水が流れ込んでくれているので、深水管理出来ています。 スズメノテッポウも枯れてきているので、抜いていかなければならないなぁと草を眺めていると…

ひとつ目の田んぼに水を入れました。来週は忙しくなります!

やっと、隣の田んぼの田植えが終わったので、ひとつ目の田んぼに水を入れる事が出来ました! 水の出口を、堰き止めて... 水路を堰き止めて、田んぼに水を引き込みます。 まだ、水漏れ対策を行っていないので、深水はできないと思っています。来週は、スズ…

ひとつ目の田んぼのスズメノテッポウが種をつけました。思惑通り進むかな?

ひとつ目の田んぼは、こんな感じです。 残念ながら、まだ水は入れる事が出来ません(  ̄д ̄;)。 スズメノテッポウは、十分成熟して種をつけています! 土の上にも種がいっぱい落ちています。来年もいっぱい生えてきそうですね(〃⌒∇⌒)ゞ。 けど、稲の成長とは…

ふたつ目3つ目の田んぼは耕起しました。ひとつ目の田んぼは草が凄いですが、可愛い訪問者が♪

6月下旬の田植えに向けて、ふたつ目3つ目の田んぼを1回目の耕起しました。耕起については、田んぼを貸して頂いた方に心づけをお渡しして、トラクターで行ってもらっています。 2つ目の田んぼは、こんな感じです。 3つ目の田んぼは、こんな感じです。 コ…

田んぼの草刈りをしました。冬水田んぼは一時中止です(^^;

最近は発酵食品の記事ばかりでしたが、田んぼ作業を何もしていない訳ではなく、連休中に作業していました。まずは、今月末に地域の溝掃除があるので、その前に草刈りを終わらせておきます。 ひとつ目の田んぼの草刈り場所です。 藁で草を抑えているので、そ…

冬水田んぼの草はヒエではありませんでした!今後の予定も考えました。

米麹作りの前に、本日午前中、久しぶりに冬水+不耕起田んぼの様子を見てきました!こんな感じです。 前に確認したときの記事は、こんな事を書いていました。 草を拡大するとこんな感じです。 他のブログの方のコメントで教えていただきましたが、この草は「…

冬水田んぼの草が凄いです!これはヒエかな...?

久しぶりに田んぼの様子を見ると、草の勢いが加速していました! 近づくと、こんな感じです。 これは、ヒエかな...? 抜いてみると、ヒエっぽいですね(^▽^;)。冬草だったら、どこかで枯れてくれると期待していたのに... これは、田植え前のどこかで、除草…

残念ながら水漏れは止まっていません。不耕起だとこのまま...(^^;

今週のひとつ目の田んぼの冬水田んぼは、こんな感じです。 先々週畦塗りした場所はここですが... 畦の裏側を確認すると、まだ水漏れが止まっていませんでした( ̄∇ ̄*)ゞ。水量も、仕切り板よりも下の位置から上がっておりません。 よくよく考えると、今ま…

冬水田んぼの藻が増えてます。畦塗りもしておきました!

今日のひとつ目の田んぼの様子は、こんな感じでした。草は、まだまだ元気です。 2週間ぶりに見ましたが、草が生えている間を縫って、茶色の藻が増えていました。 前日、雨が降っていたので水量が増えてはいましたが、まだ仕切り板の上までは溜まっていませ…

冬水田んぼの草が伸びてきました。

先週の冬水田んぼは、こんな感じです。 水量は、先週と変わってないですが、草が大きくなってきました。 この草が、春に枯れる草だといいのですが...あまり大きくなって欲しくないな(〃⌒∇⌒)ゞ。もっと、深水できればいいのですが。 藻は、風で田んぼの隅…

藁(わら)を畦に移動しました。不耕起栽培における草マルチの考え方についても

先週の日曜日は、冬期湛水の水量を確認しただけでなく、前の記事で書いたとおり... たっぷり積上げていた藁を... 北側の畦に... 敷き藁にするために移動しました! 違う角度から見ると、こんな感じです。 持ち上げて運ぶ力作業と歩く距離が長かった…

冬期湛水の水位は変わっていませんが、藻が発生してきています♪

今週の日曜日も、田んぼの様子を見に行きました。水量は、先週と変わっていませんでした。原因となっている水漏れ場所は分かっているので、寒くないタイミングで畦塗りをしようとは思ってます。前日に雨が降っていたので、少し水量増えているかなと期待して…

藁(わら)を田んぼに還元するために、裁断しない方法を考えてみました。

私のこだわりの育て方でも記載している通り、私は無肥料で育てています。 一言に無肥料といっても、私がどういう事を無肥料と言っているかと言うと ◆外から持ち込んだ化学肥料や有機肥料を田んぼにいれない という事です。 実は、この無肥料の裏には別のテー…

深水とまではいきませんが、水が溜まってくれました♪

先週、畦塗りして1週間たってどれぐらい水が溜まったかなと見に行くと... 無事、水が溜まっていました!!周りの山や景色が水面に映って綺麗です(o^∇^o)ノ。 といっても、水が豊富な時期ではないので、仕切り板の上までは水が溜まっていません。 なので、…

今日は畦の水漏れを直すために畦塗りをしました

昨日、水の出口の水漏れを直して、1日経った状態です。まだまだ深水管理どころか、全然溜まっていません。 本当は、板の上まで水が溜まって欲しいのですが、途中までしか溜まっておりません。ちなみに、ここの場所では水漏れしていませんでした。 そこで、…

水が全然溜まってませんでした(^^;。水漏れ部分を修繕しました。

先週、ひとつ目の田んぼに水を入れたので、どれぐらい水が溜まったかなと楽しみに行ってみると... 全然溜まってないじゃないかい(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...。予定では、地面ギリギリの水が溜まっているはずだったのに... どこかで水が漏れていると思って…

理想の育て方に対する構想と、そのための冬期湛水、不耕起栽培を始めました♪

3連休の最終日に、ひとつ目の田んぼに水を入れ始めました。いわゆる、冬期湛水または冬水田んぼと呼ばれていることです(o^∇^o)ノ。 水を入れ始めてから2時間しかたっていないので、これぐらいしか溜まっていませんが、明日には水が溜まっているはずです。 …

稲刈機が入りやすいように畦の草刈りをしました(田植え後126日、出穂後45日)

土曜日は、稲刈機(コンバイン)が入りやすいように、草刈機で畦の草を刈ってきました。 ひとつ目の田んぼはこんな感じです。 ここの田んぼは、今年機械を入れずに収穫しようと考えているので、畦の草取りを後回しにしました。詳しくは、明日の記事で書きま…

ふたつ目の田んぼの補植作業(田植え後21日目)

稲が大量に抜けていたふたつ目の田んぼの補植作業をしました。 まずは、除草機をかけた後に雑草が生えているかどうかを確認すると、うまく対処できているみたいです(o^∇^o)ノ。 稲が抜けている所は、こんな感じです。さて、補植せねば! まずは、いつもの通り…

3つ目の田んぼの除草作業と補植(田植え後14日)

3つ目の田んぼの状況は、こんな感じです。ぱっと見は、綺麗に育っています。 けど、よくよく見るとコナギの子供がいっぱい生えています(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-。 ここの田んぼは、ひとつ目の田んぼと同様の藻が10分の1ぐらいの広さで覆っていますが、ほとん…

再び強敵出現(細切れの枯れ草)

ちょっと、晩頃で暗くなったので分かりにくいですが、先週残っていた細切れの枯れ草が残っていました。これも、竹の熊手で取っておきました。 ちなみに水草も多いですが、枯れ草と違って折り重なることもないので、水草を撤去することはありません。 さて、…

1日の終わりの景色

頭をフル回転させながら作業をしていると、あっという間に夕方になります。作業の最後に、夕日を見ると心が癒されます(*^▽^)/★*☆♪ http://shirotofarm.hatenablog.com/entry/2014/11/01/000000shirotofarm.hatenablog.com

深水管理をする上での強敵(細切れの枯れ草)

深水管理をすると、耕起及び代掻きした際に細切れになった枯れ草等が、風に吹かれて田んぼの片隅に寄ってきます。苗が大きく育っていれば問題ないですが、ほとんど沈んでいる苗の場所にかたまってしまうと、日が当たらなくなったり、苗の上に乗って重みで沈…

余り苗の処分と補植

田植えの時にお話した通り、苗をつまむ数を少なくすれば、欠株が多くなります。少々の欠株は、株間が広くなったと思って補植しませんが、連続して欠株している所を補植していきます。 まずは、田植え後の余り苗は後髪惹かれますが、心を鬼にして処分します!…

田植え後の水深調整(深水管理)

田植えが終了したら、それぞれの田んぼで水深調整を行って深水管理します。深水管理をする事で、ヒエは確実に抑えることができます(o^∇^o)ノ。私が収穫するための除草対象にしているのは、ヒエとコナギです。 ひとつ目の田んぼ(0.7反)は、出口の外してい…

田植えのスタート!

苗の準備と水抜きも終わったので、田植えの開始です(o^∇^o)ノ。私は、田植え機は持っていないので、農家の方に有料で手伝って頂いてます。 まずは、苗を田んぼに運びます。軽トラも持っていないので、苗も農家の方に運んでもらいます。最初は、苗箱から取り出…