素人が趣味で始めた自然農お米作り

今年から0.7反返却して、3.3反(1.7反と1.6反)の田んぼで米作りをしています!今年で9年目、不耕起を試行しながら全面天日干しをしています。2年間は収穫なしでしたが徐々にコツを掴み収穫できてきました。無農薬、無除草剤、無肥料、天日干しの自然栽培・自然農法で、①疎植栽培(株間30cm)②深水管理(中干しなし)③生き物繁殖を基本として愛情を込めて育てています。

■ 育て方のまとめ

【まとめ】自然農の藁を使った手作り納豆の作り方です。なければ市販の納豆でもOK♪

天日干した藁が大量にあるので、自然農の藁を使って、納豆を作ってみました。その作り方をまとめておきます。 藁を持っていない人がほとんどだと思いますので、その場合は市販の納豆を混ぜれば簡単に出来ます。 しかし、自然の藁に大豆を入れるだけで納豆が…

【まとめ】発酵食品の作り方(味噌、納豆、塩麹等)

発酵食品の作り方を忘れないようにまとめておきました。 興味があれば、ご覧ください(o^∇^o)ノ。 shirotofarm.hatenablog.com ↓頑張れの応援クリック待ってま~す↓

【まとめ】手作り発芽玄米麹の作り方です。意外と簡単ですよ♪

なんとか無事に、発芽玄米麹ができたので、作り方を忘れないようにまとめておきます。 まず最初に作った経験からすると、麹を作る前に同じ器材で納豆を作ったり、使う道具を熱湯orアルコール消毒を一切しなかったりしましたが、無事にできたので、雑菌につい…

【まとめ】籾摺り(籾⇒玄米)と精米(玄米⇒米)の方法、やり方

コイン精米所ではできない籾摺りを、私は自分でやっています。 お世話になっている籾摺り機FS20(詳細はこちら)です(o^∇^o)ノ。 最初に検討している時には一番小型のFS2Kを購入しようと思ってましたが、いつも懇意にしていただいてる農機具屋さんに…

【まとめ】お米の保管(玄米を布団圧縮袋で真空保管)の方法、やり方

籾保管をしながら、冬の間は稲刈り後に玄米にしたお米を食べています。そこで、玄米を保管する方法として、布団圧縮機での玄米保存をしています。 私の知識とアイデアの元となる専門誌”現代農業”ですが... 現代農業 2015年 11 月号 2015年11月号に…

【まとめ】お米の保管(籾を常温で保管)の方法、やり方

うちでは籾保管をしています。 まずは、籾と玄米の違いですが、 田んぼで実っている粒粒そのものが籾です。スーパーとかでは絶対売っていません!田んぼで実っているそのままという事は、これを水に浸けておくと芽がでます。つまり生きているお米ですo(*^▽^*…

【まとめ】足踏み脱穀機と藁束の還元方法、やり方

天日干しした籾を稲穂から取り出す作業が脱穀です。 稲穂から籾だけにするためにコンバインや... ハーベスタ... という脱穀できる機械を使うのですが、ガソリンや電気を使わない方法として、足踏み脱穀機あります!!私が購入したのは、MR-400B…

【まとめ】稲穂/籾/玄米の水分量の測定の方法,やり方(水分測定器の使い方,使用方法)

通常稲刈りした直後は20%以上の水分量ですが、保管するための水分量は15%ぐらいにしなければなりません。 ⇒ そうしないと、蒸れてカビが生えたり芽が生えてきたりして、変質して美味しくなくなります。また、脱穀後の「籾摺り+色彩選別」をお願いして…

【まとめ】はざ(はさ)掛け(稲干し台)による天日干しの方法、やり方

理想の育て方として、はざ(はさ)掛け(稲干し台)による天日干しを7年目で復活させました。そして、8年目からは全面を天日干しにしました。 天日干しの風景は美しいです↓ そこで、私が行っている天日干しの方法、やり方をご紹介します。 まずは、天日干…

【まとめ】泥上の田んぼでの稲の手刈り&藁(わら)結びの方法、やり方

1~2年目は手刈り&天日干しを行っていましたが、3~6年目は機械刈り&機械乾燥で収穫していました。しかし、私の理想は天日干し米なので、7年目に0.7反だけ、手刈り&天日干しを行いました。 手刈りをする場合は鎌を使いますが、必ず刃がノコギリ状…

【まとめ】田んぼを乾かす/落水するための溝切り&溝掘りの方法、やり方

私の田んぼは、中干しを行わず... 水はけの悪い田んぼを、あえて選んでいるので... 田んぼの仕切り板を外すだけでは乾かず... 稲刈りの時期には、いつも乾きが悪いです(〃⌒∇⌒)ゞ。 そこで、私は少しでも田んぼを乾かすために、溝切りを行っています…

【まとめ】中干しの考え方と分けつ促進のための深水維持

一般的な農家の方は、稲穂が出る前に田んぼの水を落とし、土に亀裂が入るくらいに中干しをしています。通常、中干しを始める分けつ数の目安は20~23本ぐらいだそうです。この写真が、19本ぐらいです。 なぜ中干しをするかというと、次の理由からです。…

【まとめ】エンジン付き手押し除草機の使い方と除草の方法、やり方(田植え後3週目以降)

除草をチェーン除草機だけでできるのが理想ですが... 田植え後3週間経過してコナギがこれだけ↓大きくなると、チェーン除草機では表面をなぞるだけでコナギは抜けなくなります。 その時に、色んな種類の手押し型の除草機がありますが... 1反を超える…

【まとめ】田植え後の補植の方法、やり方と余り苗の処分(田植え機の場合)

田植え(田植え機)の説明の時にお話した通り、苗をつまむ数を少なくすれば、欠株が多くなります。少々の欠株は、株間が広くなったと思って補植しませんが、連続して欠株している所を補植していきます。 まずは、田植え後の余り苗は後髪惹かれますが、心を鬼…

【まとめ】深水管理のための水漏れ対策の方法、やり方

田植えが終了したら、それぞれの田んぼで水深調整を行って深水管理します。深水管理をする事で、ヒエは確実に抑えることができます。(o^∇^o)ノ。 すると、水深が深くなって苗がこんな感じに沈みます。場所によっては完全に沈んでいる場所もあります(*^▽^*)ゞ…

【まとめ】6月下旬頃 田植え紐と支柱を使った手植えの方法、やり方

私は不耕起で育てている田んぼもあるので、田植え機ではなく手植えで植えることもあります。 1年に1回の作業なので忘れそうなので、記事としてまとめておきます(o^∇^o)ノ。 手植えする時の考えるポイントは、苗の植える位置をどうやって決めていくかです。…

【まとめ】6月下旬頃 疎植と最小つまみでの田植えの方法、やり方

田植えは機械で植えますが、私は田植え機は持っていないので、農家の方に心付けをお渡しして、手伝って頂いてます(o^∇^o)ノ。 まずは、苗を田んぼに運びます。軽トラも持っていないので、苗も農家の方に運んでもらいます。苗箱から取り出した巻き苗を運ぶ事も…

【まとめ】6月下旬(種まきから28日後)田植えの準備と苗箱の片付けの方法、やり方

種まき後28日目で、無事根張りばっちりの苗ができました(o^∇^o)ノ。 プールの全体です! 苗の様子です。水にしっかりと浸かっています。 田植えの準備のために、敷きシートの取り外しと水切りを兼ねて、苗箱から苗を取り出します。水を切ると少しでも軽くな…

【まとめ】苗の生長とプールの水位の調整の方法、やり方

種まき後8日目(プールに入れた直後)の苗です。まだ、1~1.5葉です。 この時期は、苗箱よりも少し上が水面になるようにします。ブロックでビニールシートを押さえて... 水面を土より上にします。 次に、種まき後14日目の苗です。2~2.5葉に成…

【まとめ】6月中旬(種まきから5日後)お手軽プール育苗の方法、やり方

日曜日に種まき+育苗シートを行ってから、うまくいけば5日目(金曜日)ぐらいに芽が生えます(o^∇^o)ノ。 光を通す育苗シートだと、最初から緑化した芽が生えているはずです。普通の農家さんは、寒い時期に育てるので、苗箱を保温気の暗室に入れるので、最初…

【まとめ】バインダーによる稲刈り&結束作業の操作,手順,使用方法,使い方,やり方

天日干しを行うためには、稲刈りした稲穂を藁や紐で結束する必要があります。しかし、手作業の稲刈りと結束↓を行うと、かなり疲れます。 手刈りを行える広さは1反が限度と思います。そこでエンジン付きの農機具に頼る事になるのですが、倉庫も無い素人の私…

【まとめ】6月上旬頃 育苗シートで保湿と雨よけと鳥避けの方法、やり方

種まきが終わったら、育苗シートで保湿と雨よけと鳥避けをします!育苗シートは光を通して雨を通さないものを利用し、芽が出たらすぐに光と風をあてて、少しでも自然な環境で健康に育つようにします(o^∇^o)ノ。 まずは、育苗シートやプールを作るうえでの秘密…

【まとめ】6月上旬頃 苗箱への種まき(播種)の方法、やり方

私は、1反当たり7枚の苗箱で田植えするので、4反で28枚必要となり、余分を見て33枚作ります。通常は1反当たり20枚必要なので、通常よりも1/3の疎植です(*⌒0⌒)b。また、ポット苗も3箱だけ作ります。 作業は、購入した種まき機の紹介動画が参考…

【まとめ】5月下旬頃 浸種と催芽と芽出しの方法、やり方

晩生の品種の浸種と催芽(さいが)と芽出しの時期(6月上旬)は十分気温が高くなっているので、2日ほど水に浸けておいて、最後お風呂の残り湯に浸けるだけで芽が出ます。かなり楽な作業で済んでいます(〃⌒∇⌒)ゞ。これぐらい高いと、積算温度100℃は関係…

【まとめ】5月下旬頃 塩水選による種子選定の方法、やり方

通常、種籾はJA等で購入しますが、私は食べる用に保管している籾を、自家採種として利用しています! そのため、籾は余るほど十分あるし、塩水選で浮いた籾も後で食べる事ができるので、通常の塩水選よりもきつい選定を行っています。その結果、半分ぐらい…

【まとめ】お米の品種(あけぼの)と晩生品種の利点

私が育てているお米の品種は「あけぼの」です。2年目からずっと同じ品種を使っており、7年目からは100%自家採種の種籾で育てていきます!種籾は、籾保管の籾を使います。 詳細はこちらのリンクで↓ あけぼのについて(日本穀物検定協会) 現在国内にあ…

【まとめ】過去8年の田んぼの変遷と試行錯誤

もともと農家でもない私は、当然田んぼも持っているわけないので、空いている田んぼを借りています。これまで、5つの田んぼを借りて、2つの田んぼを返したので、4反(0.7反、1.7反、1.6反)の田んぼを借りて育てていましたが、今年は、0.7反…

ご挨拶とこだわりの育て方

皆さん、はじめまして(^▽^)/。 今日からブログを始めるにあたり、この最初のページで私のお米の育て方の最新情報を掲載、更新していこうと思います! 私は趣味でお米を育てているので、田んぼと稲、そこで生きている生き物を見ているだけで、楽しくて何時…