【まとめ】稲穂/籾/玄米の水分量の測定の方法、やり方(水分測定器の使い方)

通常稲刈りした直後は20%以上の水分量ですが、保管するための水分量は15%ぐらいにしなければなりません。 ⇒ そうしないと、蒸れてカビが生えたり芽が生えてきたりして、変質して美味しくなくなります。また、脱穀後の「籾摺り+色彩選別」をお願いしている農家の方も、15%以下にしないと、うまく作業ができないよ…