素人が趣味で始めた自然農お米作り

今年から0.7反返却して、3.3反(耕起1.7反と不耕起1.6反)の田んぼで米作りをしています!今年で9年目、不耕起を試行しながら全面天日干しをしています。2年間は収穫なしでしたが徐々にコツを掴み収穫できてきました。無農薬、無除草剤、無肥料、天日干しの自然栽培・自然農法で、①疎植栽培(株間30cm)②深水管理(中干しなし)③生き物繁殖を基本として愛情を込めて育てています。

【まとめ】6月中旬(種まきから5日後)お手軽プール育苗の方法、やり方

日曜日に種まき+育苗シートを行ってから、うまくいけば5日目(金曜日)ぐらいに芽が生えます(o^∇^o)ノ

f:id:shirotofarm:20160604210538p:plain

光を通す育苗シートだと、最初から緑化した芽が生えているはずです。普通の農家さんは、寒い時期に育てるので、苗箱を保温気の暗室に入れるので、最初は白い芽です。なんとなく、最初から緑化していた方が、健康に育つ気がします。

この芽が生えるのを確認するまでは、心配で心配で毎日でも見に行きたくなります!最悪、芽が出なかったら1週間遅れで再度種まきをするぐらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

育苗シートをあけて、芽が生えているかどうか確認してみます。

f:id:shirotofarm:20160604212042p:plain

芽が出たら保湿をする必要もないので、保湿シートを外します。この「白」から「緑」に変わる瞬間が、安心し喜ぶ瞬間ですね(o^∇^o)ノ。保湿シートを外すと鳥に狙われる事があるので、必要に応じて鳥避けのネットを張っておきましょう!通常、1.5葉になるまでは狙われるそうです(^▽^;)。

f:id:shirotofarm:20160605094907p:plain

拡大するとこんな感じです。そこそこの薄まきになっているかな?

f:id:shirotofarm:20160605100021p:plain

それに比べると、ポット苗は寂しいですね。上の全体写真でも、生えてないと勘違いしてしまいそうです(〃⌒∇⌒)ゞ。けど、それが良いんですよね。ポット1個1個みると、発芽していない箇所も多数ありましたが、その場所は来週他の苗箱から1本抜いて植えておきます。

f:id:shirotofarm:20160605100442p:plain

上から見て種籾が見えている部分は、土を追加して見えないようにします。そうしないと、鳥が見つけて食べに来てしまうからです。発芽の悪い苗箱で種籾が見えていた1箱だけ、鳥に食べられて荒らされていた経験からです。

f:id:shirotofarm:20160605101314p:plain

 

この作業が終わった後、私は発芽した瞬間からプールに浸けて、水に沈めます。そのために、早速プールを作りました。

まずは、歩く場所の確保と水が流れ込み易いように、苗箱の間を離していきます。

f:id:shirotofarm:20160605101409p:plain f:id:shirotofarm:20160605101544p:plain

次に、新聞と育苗シートを外すと保湿ができなくなるので、プールに水を入れる必要があります。 プールの水平がきっちりできていれば、周りのブロックの6cm部分を立てて、プールを作ります。

f:id:shirotofarm:20150606120049j:plain

特に、四隅はブロック同士を寄せて、ブルーシートをしっかり立てておきます。

f:id:shirotofarm:20150606120155j:plain

これで、6cmの高さのプールができました。手前のブロックは、水入れ場です。

f:id:shirotofarm:20160605102026p:plain

こんな感じで、ホースを固定して、水流が苗箱に当たらないようにします。苗箱に当たると土がめくれて、ひどい事になりますので、気をつけて(*⌒0⌒)b。

f:id:shirotofarm:20160608215009p:plain

 

水平がうまくとれてないと、水を入れると水に浸かっている所と、水に浸かっていない所がでてきますので、苗箱の高さを揃える必要があります。

f:id:shirotofarm:20160608215903p:plain

f:id:shirotofarm:20150606130900j:plain

そういう時は、ブロックを10cmで立てます。

f:id:shirotofarm:20150607100830j:plain

四隅も同様に、ブロック同士を寄せて、ブルーシートをしっかり立てておきます。

f:id:shirotofarm:20150609223051j:plain

それを、苗箱や畑の支柱で調整します。高い=苗箱、中くらい=1.8m支柱、低い=90cm支柱を使って調整します!!まるで、パズルを組むように頭を使います。面倒くさがりの私ですが、こういう工夫する作業は何時間かけても苦になりません♪

f:id:shirotofarm:20160605102805p:plain f:id:shirotofarm:20160605102829p:plain

その結果、大分高さを揃える事ができました!途中で、ポット苗箱の高さが低いので、場所も移動しました。左から右にBeforeAfterです!!違いが分かりにくいかな(〃⌒∇⌒)ゞ

f:id:shirotofarm:20160605112650p:plainf:id:shirotofarm:20160605112727p:plain

最後に、水面の高さを低い側の仕切りのブロックとブロックの間を押さえることで調整します。

f:id:shirotofarm:20150607102255j:plain

雨が降っても調整した水面以上にならないようにして、苗が水に沈まないようにしておきましょう!!

f:id:shirotofarm:20150610194645j:plain

水量は、箱よりも高くして、葉が少し見えるぐらいにして苗を完全に水に浸けるようにします。

f:id:shirotofarm:20160605132731p:plain

f:id:shirotofarm:20160608222102p:plain

最終的に、全体はこんな感じです。

f:id:shirotofarm:20160605112727p:plain

これで、水が少なくなったらホースで水を入れるだけの、ほとんどメンテナンスフリーのお手軽育苗プールが完成です(o^∇^o)ノ。

農家のようにビニールハウスがなくても、家の駐車場や空き地で、しっかり健康に育てることができます!20日苗と言う通り20日後には、田植えができる苗に育っていると思います。私は30日で少し大きい苗を育てていきます(o^∇^o)ノ。

 

↓頑張れの応援クリック待ってま~す↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ