読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人が趣味で始めた自然農お米作り

今年から0.7反返却して、3.3反(耕起1.7反と不耕起1.6反)の田んぼで米作りをしています!今年で9年目、不耕起を試行しながら全面天日干しをしています。2年間は収穫なしでしたが徐々にコツを掴み収穫できてきました。無農薬、無除草剤、無肥料、天日干しの自然栽培・自然農法で、①疎植栽培(株間30cm)②深水管理(中干しなし)③生き物繁殖を基本として愛情を込めて育てています。

【まとめ】はざ(はさ)掛け(稲干し台)による天日干しの方法、やり方

理想の育て方として、はざ(はさ)掛け(稲干し台)による天日干しを7年目で復活させました。そして、8年目からは全面を天日干しにしました。

f:id:shirotofarm:20160910211507p:plain

天日干しの風景は美しいです↓

そこで、私が行っている天日干しの方法、やり方をご紹介します。

 

まずは、天日干しするための材料を考えます。 

(1)ハザ木を組み合わせた1段組

1,2年目のハザ掛けの時は、農家の人のハザ木を借りていました。

f:id:shirotofarm:20151101073945j:plain

このハザ木を使って、3本の支え⇒2本の支え⇒3本の支え...の組み合わせで1段のハザ掛け(稲干し台)を作っていました。

f:id:shirotofarm:20151101074235j:plain

f:id:shirotofarm:20151101074322j:plain

2,3本の組み木は重なっているところを縛って作ります。

f:id:shirotofarm:20151101074644j:plain

f:id:shirotofarm:20151101074656j:plain

その時からの経験からすると、このやり方は力作業が半端ないです!!小さい田んぼ(0.5反)で収穫が少なかったはずなのに、うろ覚えでいうと田んぼの長い幅一杯に2列作って干していたと思います。この作業のしんどさを思いだすと恐ろしい...( ̄Д ̄;;。その主な理由は、次の通りです。

 

①ハザ木そのものが重い
※一本一本が太く長いので、かなりの重量です。
②ハザ木の運ぶ量が半端なく多い
※これぐらいで足りるだろうという事でまず1列作りましたが、足らない度に何往復もして2列目を作りました。
③運ぶ時は自家用車では無理で、最低軽トラが必要
※農家の人にハザ木だけでなく軽トラを借りていました。

 この作業は0.5反以上あると、いくら趣味とはいえ無謀を通り越して無理です( ̄Д ̄;;。

 

そこで、何とかならないかなと思って、周りの田んぼでハザ掛けしている所を見学してきました。力作業を削減するやり方を見つけないと、挫折してしまいそうなので(〃⌒∇⌒)ゞ。

 

(2)鉄パイプを組んで3段組

一つ目は、すべて太い鉄パイプで3段に組み立てている稲干し台です。ここの方は、観光事業も兼ねているので、お金と労力をかけていると思われます(o^∇^o)ノ。

f:id:shirotofarm:20151101081039j:plain

これも基本は、端の組みパイプは3本で間を2本で支えています。

f:id:shirotofarm:20151101081647j:plain

パイプはジョイントを使って支えあっています。

f:id:shirotofarm:20151101081900j:plain

f:id:shirotofarm:20151101081911j:plain

パイプ同士の接続は、よく分かりませんがこんなジョイントで接続しています。

f:id:shirotofarm:20151101204813j:plain

これができれば頑丈で最高なのでしょうが、基本一人作業で行うのは無理ですね( ̄Д ̄;;。あくまで参考とさせてもらいます!!

 

(3)鉄製の稲干し台で4段組

 ふたつ目は、鉄(スチール)製の4段組みで組立てている稲干し台です。

f:id:shirotofarm:20151101082610j:plain

f:id:shirotofarm:20151101082931p:plain稲干台 はざ 4段掛け 鉄製-amazon

この方法だと、私でもできそうです。それに一段ではなく四段なので、稲干し台の数を少なくできそうです。

ただし、この方は長年使っているためか、鉄製なので錆びています。

f:id:shirotofarm:20151101210218j:plain

私は農家でないので倉庫がなく、2mもの錆びた鉄製の道具を家の中に1年間も置いておくことはできないので諦めました

 

(4)アルミ製の稲干し台で3段組

そこで、いい商品がないかどうか調べてみると、次の商品が見つかりました。鉄製ではなくアルミ製です。鉄よりも弱いので4段ではなく3段までに抑えているのかなと思います。

f:id:shirotofarm:20151101211814p:plain

アルミ稲干台 はざ 3段掛け-amazon

アルミだと錆びを抑える事ができます。

 

また、稲干し竿(ハザ木)は、商品説明には鉄パイプ25.4mmを使うと書いていますが、鉄は重いのに加えて、鉄とアルミを接触させて雨や湿気で濡れると、電気分解してアルミのほうが錆びて変色してくると思われます。

そこで、稲干し竿は、竹を使います。直径は最低でも40mmぐらいの太さが必要です。ホームセンターでも売っていたり...

f:id:shirotofarm:20160922231719p:plain

近くの竹林で伐採したりして手に入れます。

f:id:shirotofarm:20160923102441p:plain

伐採するときには、必ず竹林の所有者の了解の下で行ってください。

以上の材料を使うことで、次のメリットがあります。

①アルミ製の稲干し台と竹は、軽くて錆びない

②3段干しなので、1段よりも稲干し台の数の減少と設置距離の短縮ができる

③アルミと竹だと汚れも取れ易く、車で運べる

 

この材料を使った実際の作業は、次の通りです。

(1)アルミ製の稲干し台を準備する

3段のアルミ製の稲干し台を準備します。 

f:id:shirotofarm:20160923110747p:plain

(2)稲干し台を2m間隔で設置し、竹をかける

3段のアルミ製の稲干し台を2m間隔で設置します。 

 

f:id:shirotofarm:20160923111537p:plain

(3)補強用のハザ木を組む

左右の荷重がかかる稲干し台の負担を和らげるために...

f:id:shirotofarm:20160923112751p:plain

補強用のハザ木を組みます。竹が重なる部分を浮かして、重さがかからないぐらいの補強をします。

f:id:shirotofarm:20160925185201p:plain

補強する場所は、稲干し台を増やした時の一番下のハザ木部分です。

f:id:shirotofarm:20160923113859p:plain

そうしないと、重さで引っ掛け部分が曲がったりしてしまいます↓

f:id:shirotofarm:20160925185357p:plain

(4)稲束を7:3に分けて交互に架けていく

稲を架ける時には、稲束を7:3ぐらいに分けます。

f:id:shirotofarm:20160925221045p:plain

この分けた束を交互に架ける事で、5:5に分けて架けるよりも多く乗せることができます。

f:id:shirotofarm:20160925220811p:plain

f:id:shirotofarm:20160925220906p:plain

(5)下の段から上の段に架けていく

 下から順番に架けて行きます。

f:id:shirotofarm:20160923120739p:plain

これを繰り返す事により、3段の天日干しができます。夕日に当たると一段と綺麗です。

f:id:shirotofarm:20160923120005p:plain

(6)1~2週間乾かし、適正な水分量にする

通常稲刈りした直後は20%以上の水分量ですが、保管するための水分量は15%ぐらいが理想的です。下の写真は14.7%で、適正です。

f:id:shirotofarm:20160924224118p:plain

私は農機具屋さんで借りて使っていますが、商品はこれです。

f:id:shirotofarm:20160925222922p:plain米麦水分測定器 水分計 モイスター -amazon

 

水分計の使い方は次の通り↓です。

 

稲干し台の台数については、稲干し台と稲干し台の間の数を1セットで数えると...

f:id:shirotofarm:20160925221515p:plain

私の1反当たりの収穫が5俵弱だった時に、0.7反の田んぼで合計9セット必要となったので、稲干し台の台数としては10台必要でした。説明書では、1反当たり22台必要と書いているので、田んぼの収穫量に従って台数を計算して準備する必要があります。

 

天日干し米(特に新米)は、手間をかけている分、美味しいと思います↓

苦労した分は、確実に味として返ってくるので、挑戦しがいがあると思います!

 

0.5反ぐらいであれば、頑張れば出来ると思いますので、試してみるのもいいかもです。ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか(o^∇^o)ノ。

 

↓頑張れの応援クリック待ってま~す↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ