読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人が趣味で始めた自然農お米作り

今年から0.7反返却して、3.3反(耕起1.7反と不耕起1.6反)の田んぼで米作りをしています!今年で9年目、不耕起を試行しながら全面天日干しをしています。2年間は収穫なしでしたが徐々にコツを掴み収穫できてきました。無農薬、無除草剤、無肥料、天日干しの自然栽培・自然農法で、①疎植栽培(株間30cm)②深水管理(中干しなし)③生き物繁殖を基本として愛情を込めて育てています。

余り苗の処分と補植

田植えの時にお話した通り、苗をつまむ数を少なくすれば、欠株が多くなります。少々の欠株は、株間が広くなったと思って補植しませんが、連続して欠株している所を補植していきます。

f:id:shirotofarm:20150702230242j:plain

 

まずは、田植え後の余り苗は後髪惹かれますが、心を鬼にして処分します!

f:id:shirotofarm:20150702230629j:plain

普通の農家の方は、残った苗を田んぼの水の中に浸けておいて、必要に応じて補植苗として利用しますが、私は次のデメリットがあると考えています。

①密集した苗をこれ以上水に浸けて育てても、健康には育たない
 ※逆に、そこから病気が広がる危険性もあります!

②補植するたびに苗を取りにいくのは、かなり疲れる。

 

そこで、補植用の苗は田んぼの中の苗を使います(o^∇^o)/ココガポイント!。

「え、田んぼの中に補植用の苗なんてあるの?」と疑問に思うかもしれませんが、機械植えすると欠株も多いですが、2本以上苗が植えられている所もあります!

例えば、水色の部分が欠株ですが、赤色の部分に3本植えられています。

f:id:shirotofarm:20150702232715j:plain

そこで、3本の苗を抜きます。

f:id:shirotofarm:20150702232336j:plain

抜いた苗を3つに分けます。

f:id:shirotofarm:20150702230242j:plain

そして、抜いた場所と欠株の場所に1本づつ植えていきます。

f:id:shirotofarm:20150702232543j:plain

 

私の理想は、1本植えなので植え直す場合は苗が余ってたとしても、必ず1本づつ植えていきます!!稲は、基本丈夫な植物なので、1本づつでも十分育ってくれます(o^∇^o)/。

 

田んぼの中の苗を使えば、翌週でも翌々週でも補植が可能となります。苗箱とは違って広々とした田んぼで育った健康な苗を使って、必要な部分に補植していきましょう!!

 

shirotofarm.hatenablog.com